オフィス移転祝いのギフトについて

オフィス移転の贈り方の方法とは

オフィス移転はそう頻繁にあることではありませんが、お世話になっている人や契約先が移転するとなれば、品物を贈るのはマナーと言えるのではないでしょうか。贈る方法としては、基本的には移転時や移転後にオフィスに招かれた場合には、移転の祝いを直接持参し、手渡しするというのがベストといえます。その際にはお祝いの言葉も一緒に伝えるようにしておきましょう。中にはやむを得ず郵送で贈るという場合もありますが、その際にはギフトにメッセージカードをつけることを忘れないようにしておきましょう。

移転の贈り物選びのポイントについて

いざオフィス移転でギフトを贈るとなれば、何を選べば良いのかで頭を悩ませるという人も多いのではないでしょうか。どんなものでも良いというわけではなく、マナーを守らないと相手との関係にヒビが入ってしまうこともあるので気をつけなくてはなりません。迷惑とならないものをと考えたり、何を選べば良いかで悩んだ際に贈るものとして頭に浮かぶのは、やはり現金ではないでしょうか。現実的に考えらと、現金が喜ばれるということは間違いないといえます。通常ギフトで目上の人に贈るものとしては、現金はマナー違反にあたるので避けなくてはなりませんが、オフィスの移転の際の贈り物として現金を贈ることは、マナー違反ではないので問題はありません。先方が目上の方の場合でも、移転祝いに現金を贈ることは失礼にあ足らないということは頭に置いておくようにしましょう。当然ながら、商品券もマナー違反にはなりません。現金では生々しいので気がひけるという人も多いのではないでしょうか。その際には商品券やカタログギフトを選ぶというのも一つの手段です。贈り物として、相手が好きなものを選ぶことができるという点から喜んで貰うことができます。もちろん観葉植物やインテリアなどオフィスに置くことができるものを選ぶという方法もありますが、迷惑にならないかは確認して置くべきです。

贈る際に注意すべきポイントとは

移転となれば必ずしもおめでたいというわけではないということも頭に置いておく必要があります。移転の理由を確かめた上で贈るかどうか決めるようにしておきましょう。移転理由には、事業拡大などのおめでたい理由だけではなく、事業縮小などといった喜ばしくない理由もあります。おめでたくない内容となれば、贈り物をするのは控えるようにしましょう。相手型が贈り物の辞退をしている時にも、贈るべきではないので気をつけなくてはなりません。

ピックアップ記事一覧